DINNER

~酒肴とスープ~

本日ワインにも日本酒にも合うのお漬物3種盛り合わせ

780en + tax

静岡県と山口県のきれいな水で作られたキレの良い美しい味わいの日本酒や各種ワインに合うお漬物。

静岡産地野菜たっぷりのテリーヌ

880en + tax

静岡の地野菜にこだわって作ったテリーヌ。シャンパンやスパークリングワイン、ロゼワイン等とお召し上が りくださいませ。

平川さんちのトマトをたっぷりボナペチ!

790en + tax

都内某デパートでAM1100には売り切れてしまう程の大変貴重なトマトを【ゼリー、ムース、生】の3種類の食べ方で設えた贅沢な一品。

絶対に手で食べてはいけない枝豆

780en + tax

手で食べたことを後悔するほどのお箸必須の隠し味の効いた枝豆です。お酒がすすむすすむ…。

自家製ローズマリーのハーブたっぷりラタトゥイユ

880en + tax

ナス、パプリカ、オニオン、ピーマンなどたっぷり野菜をトマトで煮込んだ南フランスの家庭料理。清水区在住のオーナー邸の庭はバラが50本以上植わっているイングリッシュガーデン。そこで育てられた自家製ローズマリーを使用したブーケガルニ(花束ならぬハーブ束のこと)で煮込んでいます。

とりあえずこれ!にっこり笑ってポムフリット

680en + tax

むかし懐かしいにこちゃんフライドポテト。揚げてしまうと怒り顔になることもしばしば…。揚げた後にも笑っている子が見つかったあなたには、近々良いことが起きるかも!?

カンヌのセレブ御用達 ムール貝白ワイン蒸し

1,580en + tax

フランス人は夏になるとカンヌをはじめとする南フランスのビーチにて、白いパラソルのもと海のさざ波を聞きながら海水浴を楽しみます。海辺のレストランやカフェでは、セレブたちがロゼワインやシャンパンと共に、ムール貝の白ワイン煮込みやクリームソース煮込みを机に並べて、友や恋人、家族と大切な時間を過ごします。

本日のポタージュ

350en + tax

シェフが丹精込めて作った極上濃厚な味わいのポタージュをたっぷりボナペチ♪

~サラダ~

フレンチパラドックス!

1,280en + tax

ブルーチーズと生ハム、そしてくるみを使用したワインと相性抜群サラダ!赤ワインのポリフェノールによる抗酸化作用に加え、くるみのαリノレン酸によるダブル抗酸化作用により血管の若さをキープ!良質なたんぱく質や日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれたブルーチーズと嗜好性の高い生ハムで、心も体も美しく!

フランス人は喫煙率が高く、毎日お酒を口にしています(65ℓ1人年間※日本人は1ℓ1人年間)。更に日本人からは考えられないほどの油の多い食生活をしています。このような背景があるにもかかわらず、フランス人の心臓疾患のリスクが世界的に少ないことを俗に“フレンチパラドックス!”といいます。

サラドニソワーズ(La Salade Niçoise

1,280en + tax

南フランスはコートダジュール空港のあるニース。サンサンと照り付ける太陽と、潮風の香りに囲まれたリゾート地。オリーブ、じゃがいも、アンチョビ、マグロ(ツナ)、トマトなどニースの地場産品をたっぷり使った伝統サラダです。このサラダにロゼワインが本当に合う!オーナーの私が留学していた時には毎日ロゼワインとこのサラダを食べていました。

~クスクス~

トマトときゅうりとハーブたっぷりのクスクス

720en + tax

クスクスとはパスタを粒状にしたもので、元は北アフリカの郷土料理。その昔、北アフリカのいくつかの国が フランス領だったことから、このクスクスもフランスの家庭料理となったのではないかと言われていますマルシ ェではクスクスが良く売られており、とても人気のある食事です。

~メイン~

シュークルート アルザシアン(La Choucroute Alsacienne

1,980en + tax

鷹匠ボナペチ!にお越しいただいたのであれば絶対に食べていただきたい一品。ザワークラウト(きゃべつの酢漬け)、豚のバラ肉をハーブでじっくり煮込んだものと、ほくほくじゃがいもとこうばしく焼き上げたウインナーを乗せたアルザス地方伝統料理。当店のマスコット“ボナペチ君”が右手に持っている料理がこのシュークルートです。アルザス地方ではこの量の1.5倍量を1人分として食します。今宵、貴方はこの味に恋をする…。

牛肉とラム肉のハーブたっぷりベッコフ(Le Baeckeoffe

2,180en + tax

シェフの作る料理の中で、私オーナーが一番好きな料理。牛肉、ラム肉とじゃがいもとにんじんをリースリングという白ブドウを使用した白ワインで3時間かけてじっくりオーブンで焼き上げたアルザス伝統の焼き煮込み料理。その昔、ブーランジェリー(パン屋)の職人が、焼き窯の残り熱を利用してお肉と白ワインをいれた鍋を窯に入れてみたことがきっかけで生まれたとされている料理です。リースリングというブドウの品種の白ワインと共にお召し上がると、鼻から抜ける香りと共にそのまま天国への階段が見えてきます。それくらい美味しい料理でございます。

牛肉とカベルネの邂逅Le Bœuf bourguignon

2,280en + tax

赤ワインをお楽しみいただくのであればこの料理は外せません。お箸で切れるほど柔らかく、口の中に入れた瞬間、牛ほほ肉とカベルネソーヴィニョンのうまみが溶け合い融合する至高の極み。それは例えるならば、長年連れ添った夫婦が、お互いに再び恋に落ちるような。そんな気持ちにさせてくれることでしょう。

当店一番のおすすめ赤ワイン「ラ・テール・ド・モンペール」と共に、この上ない贅沢なひと時をたっぷりボナペチ!

~〆~

季節の野菜をふんだんに使ったハーブ香るペペロンティーノ!

1,080en + tax

季節の野菜をふんだんに使い、ニンニクとローズマリーを利かせたかなりうまみとコクが溢れるペペロンティ ーノ。

昭和万歳!鉄板あつあつナポリタン

1,080en + tax

昔学生時代喫茶店でよく食べた人もいれば日曜日の母の味に人も。玉ねぎやピーマン、ウインナーを炒めた香ばしい香りとケチャップの甘い香りが部屋中を包みます。私は服にケチャップをつけていつも怒られていました。

~デザート~

マダムパスカルのショコラムース

580en + tax

フランスはノルマンディー地方、世界遺産のモンサンミッシェルで食べたあの味が忘れられません。現地のレ ストランの味に限界まで近づけた塩キャラメルプリン。兎にも角にもノルマンディーはお塩がおいしいです。

Home made kougrof

ホームメイドクグロフ

1,280en + tax

 フランスアルザス地方の伝統焼き菓子パン。フランス人はこのクグロフをコーヒーや紅茶、そしてゲヴュルツトラミネールというブドウを使用した白ワインと共に召し上がります。フランスのマダムミシェルの家に代々伝わる秘伝のレシピをもとに、カルピス発酵バターをたっぷり使用したプレミアムクグロフです。

Kisetsu no kougrof

季節のクグロフ

1,280en + tax

 日本には四季を愛おしむ素晴らしい文化が存在します。春夏秋冬四季折々の旬な食材を使用したクグロフは、日本ならではの楽しみ方。まさに和と欧の文化の融合。お味は季節によって異なる為、スタッフにお声をおかけ下さいませ。

~ドリンク~
生ビール

Carls bargカールスバーグ

630en + tax

日本酒

重兵衛 純米吟醸(島田 大村屋酒造場 )

720en + tax

臥龍梅 純米大吟醸(清水 三和酒造)

1,180en + tax

雁木 純米大吟醸(岩国市 八百新酒造)

1,280en + tax

東洋美人 純米大吟醸(萩市 澄川酒造)

1,580en + tax

ウイスキー(ロック、ハイボール、ストレート、水)

グレンフィディック12

950en + tax

ラフロイグ10

1,200en + tax

山崎12

1,980en + tax

シードル

ノルマンディー産シードル

850en + tax

田村さん産シードル(ノンアルコール)

780en + tax

カクテル

生搾りフレッシュオレンジカクテル

1,300en + tax

カクテル各種ソーダ割り(カシス・ピーチ・ラ フランス)

700en + tax

梅酒(ロック、ソーダ)

臥龍梅梅酒

750en + tax

平成296月につけたオーナー手作り梅酒

820en + tax

ノンアルコール

Nigata BEER

650en + tax

ハンドドリップコーヒー

650en + tax

ウーロン茶

650en + tax

お紅茶(Ice Hot

650en + tax

季節限定!オーナー手作りレモンハーブスカッシュ

780en + tax

モーニング〜ランチ
【日】
9:00〜15:00(14:00L.O.)

ランチ
【 水・金・土 】
11:30〜13:30(13:00L.O.)

ディナー
【火〜土】
18:00〜23:00(22:00L.O.)

定休日 月曜日

TEL.054-275-1410

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠2丁目10-8